人間関係を良くするヨガ





(マインドフルネ)瞑想、ヨーガを続けていると負のオーラが出なくなります。


負のオーラが出なくなると人間関係も変わります。


ただ、自分の意識では、負のオーラを変えることはできません。


自分の意識は、顕在意識であり、負のオーラは潜在意識から生じているからです。


なので、負のオーラを正のオーラに変化させるために、瞑想ヨーガが必要になります。


(マインドフルネス)瞑想ヨーガを続けると、潜在意識の中の負のオーラが、正のオーラに変わっていきます。


少しずつ、少しずつ、ちょっとずつ、ちょっとずつですが…。







そして、その正のオーラが、コミュニケーションする相手に、自然に伝わるようになると、人間関係が、良好になります。


自分でそうしようとするのではなく、勝手にそうなります。


なぜなら、正のオーラは、穏やかで落ち着きがあり平和的なオーラだからです。


だから、瞑想ヨーガを続けると人間関係が良くなっていきます。







 

 



 

 

また、ハート(胸の中心)のチャクラが開かれると、人間関係が良好になると、ヨガは教えます。

 

では、どうすれば、ハートのチャクラが開かれるのでしょうか?

 

 

 

ヒマワリを例に考えてみたいと思います。

 

ヒマワリが、人間と良好な関係を結ぶためには、花を咲かさなければなりません。

 

よね?

 

 

 

葉っぱだけでは、人は喜んでくれません。

 

 

 

では、どうすれば、ヒマワリは花を咲かせられるでしょうか?

 

 

 

花を咲かせることと、ハートチャクラを開くことと、とても、似ているようです。

 

 

 

ヒマワリの種は、まず、何をするでしょうか?

 

 

 

ヒマワリの種から、いきなり花が咲くということは、ありません。

 

 

 

ヒマワリは芽を出すと、まず、グングン、根を張っていきます。

 

 

 

その後に、茎を伸ばします。

 

 

 

つまり、広く深く根を張った後に、太い茎を上向きに伸ばしていき、大きく重たい花を咲かせても倒れない土台を作ります。

 

 

 

そうして、ヒマワリは大きな花を咲かせられます。

 

 

 

その姿は、人間がハートチャクラを開いて、円満で良好な人間関係を築くようになることと似ています。

 

 

 

つまり、人間関係を良好にするためには、人間もヒマワリと同じように、まず、根を張り、茎を立てなければならないということになります。

 

 

 

根を張ることをヨガでは第一チャクラ(ムラバンダ)を開くと言います。

 

 

 

下半身をどっしり安定させるということです。

 

 

 

坐禅では、それを腹が坐ると表現するようです。

 

 

 

精神的に、気持ちが安定し、安らかな状態になるということです。

 

 

 

すると、体にエネルギーがみなぎってきて、背筋が伸びてきます。

 

 

 

その状態を精神的な側面から見ると、自分の心からやる気というパワーが溢れ、自信が湧き、目標に向かって力強く生きたいと思える精神状態です。

 

 

 

そうすると、人間関係も良好で円滑になるということです。

 

 

実際、落ち着いて安らかな気持ちを持ち、目標に向かって頑張っている人は、人間関係もうまくいっているように見えませんか?

 

 

 

 

浜松市西区入野町にある癒やし系整体院。頭痛・肩こり・腰痛・むくみ・ストレス等でお困りの方や、心も身体も癒されたい方におすすめです。ボディケア、足裏マッサージ、オイルケア等のリラクゼーションメニューの他、自分が好きになるヒーリングセッション、本当の自分が見つかる心理カウンセリング、マインドフルネス瞑想メディテーション、アシュタンガヨガや、整体スクールも行なっています。