未来からの手紙


昨日、私に、待望の赤ちゃんが生まれた。

 

妻が、産気づいたかと思ったら、3時間後には、出産。

 

という、とても珍しい、安産だった。

 

ついに、昨日、パパになった。

 

40歳にして、ようやくパパになれたのだった。

 

そして、今日、一通の手紙が、届いた。

 

 

消印は、2220年1月1日。

 

差出人はタカシ。

 

 

「ひいおじいさん!

 

おめでとう!

 

昨日は、ボクのおじいさんの誕生日でしたね。」

 

 

それは、そんな言葉で始まる、不思議な手紙だった。

 

 

 

「驚きましたか?

 

ボクは、ひ孫のタカシ。

 

未来から、手紙を出しています。

 

あなたが研究していた『過去に手紙を送る技術』ですが、

 

ついに、今日、完成しました。

 

 

ひいおじいさん!

 

あなたの、夢が、今日、完成したのです。

 

ぜひ、楽しんでください!

 

 

ひ孫のボクが、あなたに、一番、お伝えしたいことは、

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

ということです。

 

取り急ぎ、今日は、そのことをお伝えします。」

 

 

という内容が続いた。

 

私は、量子力学の研究者。

 

確かに、私は、過去に手紙を送ることができたらいいのに、という妄想を、常々、抱いていた。

 

文面は続いていた。

 

 

「ひいおじいさん!

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

今、ボクたちの周りに、争いは、ありません。

 

世界のどこにも、戦争は、ありません。

 

50年前に、すべての国が、武器を捨てました。

 

そうしたら、お金も、エネルギーも、急にあまってしまいました。

 

そして、それを、貧しい人に与えたら、飢餓と貧困が、いっぺんに、なくなりました。

 

そして、世界は、豊かで、平和になりました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

お金も無くなりました。

 

パン屋さんは、美味しいパンを作り続けています。

 

定食屋さんは、美味しい定食を作り続けています。

 

野菜屋さんは、定食屋さんに、毎日、美味しい野菜を提供し続けています。

 

種屋さんは、毎日、美味しい、野菜の種を作って、野菜屋さんにあげています。

 

運転が好きな人は、バスの運転手、電車の運転手、タクシーの運転手になり、毎日、運転を楽しんでいます。

 

大工さんは、毎日、立派な家を作り続けています。

 

もう、奪い合うことは無くなりました。

 

何か足りない人がいたら、みんな、先を争うように、施してくれます。

 

だから、お腹の空いている人は、誰一人として、いません。

 

みんな、裕福になりました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

みんな、過去のことは、忘れました。

 

過去の心の傷は、新しい喜びで癒されました。

 

もう、心の病気もありません。

 

みんな、過去に、戦争があったことすら、忘れてしまいました。

 

ある時、みんな、気づいたのです。

 

争いを記憶することに、何の意味もないということに、気づいたのです。

 

争いを記憶している限り、幸せにならないことに気づきました。

 

それ以来、愛された記憶以外の記憶を、みんな、捨ててしまいました。

 

愛された記憶以外、持つ意味がないことに気づいたからです。

 

そして、みんなが、幸せになってしまいました。

 

なので、みんな、愛で満たされ、余分なお金を求めなくなりました。

 

生きていくに、必要な食事と、睡眠と、衣服があれば、十分だとみんなが思ったとき、いっぺんに、物があまりはじめました。

 

そして、女の子たちは、お互いの、洋服を交換し合って、みんなで、ファッションを楽しんでいます。

 

ご飯が足りない時には、おとなりに行けば、ご馳走してくれます。

 

そして、みんな兄弟姉妹になってしまいました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

ただ、残っているとしたら、子どもたちの喧嘩です。

 

でも、すぐに、仲直りします。

 

大人になるまでは、喧嘩と仲直りを繰り返しますが、

 

大人同士が、争うことは、もう、なくなりました。

 

風邪をひくこともあるし、怪我をすることもある。

 

でも、それは、大人になる過程での出来事です。

 

大人になると、自分を大切にできるし、他人も同様に大切にします。

 

他人を喜ばすことなしには、自分の喜びもないことを悟っています。

 

自分を大切にしなければ、他人を喜ばせることもできないことを悟るようになりました。

 

それを悟った人が、大人です。

 

この前、12歳で、大人になった子ども(?)もいました。

 

大人になるまでは、自分のやりたいことに夢中になります。

 

でも、いつの日か、自分のやりたいことが、他人の喜びにならないと嬉しくなくなります。

 

だから、いつしか、他人の喜びを、生き甲斐に感じ、さらに、自分を磨くようになります。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

他人と自分の価値観の違いで、争うことがなくなりました。

 

逆に、違う価値観を受け入れることで、自分の価値観が、広がることに気づいたからです。

 

自分の価値観が広がると、自分の喜びも広がります。

 

自分の幸せも、無限に広がっていきます。

 

だから、みんな、自分にない他人の価値観をたくさん受け容れようとしています。

 

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

キリスト教も、ユダヤ教も、イスラム教も、仏教も、ただの兄弟姉妹になりました。

 

どの宗教が、求めていたものも、同じであったことに気がついたからです。

 

ただ、趣味が違っていた程度のことで、争うことに意味が無いことに、みんなが気づいたからです。

 

黒人も、白人も、黄色人という言葉もなくなってしまいました。

 

ある時から、みんな、肌の違う人と結婚することにしました。

 

そうしたら、みんな、

おじいさんおばあさんのうちの一人は、白人。

おじいさんおばあさんのうちの一人は、黒人。

おじいさんおばあさんのうちの一人は、黄色人。

になりました。

 

だから、みんな、白人、みんな、黒人、みんな黄色人です。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

過去は、もう、どうでも良いと思っています。

 

今が、こんなにも、幸せだから。

 

過去の試練は、過去の自分にとっては、必要な試練でした。

 

真実に気づくために必要だった。

 

でも、もう、真実に気付いたから、過去の試練は、必要ないと気づきました。

 

もう、みんな、真実を知りました。

 

もう、みんな、真実に気づきました。

 

だから、もう、試練は、起きません。

 

お金が無くても、支援を得られます。

 

お金が無くても、誰かが、ボクを食べさせてくれます。

 

お金が無くても、十分な食事と十分な睡眠が与えられています。

 

そんな風になったら、お金が、なくなってしまいました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

エネルギーも余るようになってしまいました。

 

だから、飢える人もいなくなりました。

 

石油を掘るのも、辞めちゃいました。

 

太陽電池、水力発電、燃料電池、自然エネルギーのみで、みんなが暮らしています。

 

車は、すべて、太陽電池の充電式自動車になりました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

離婚も無くなりました。

 

みんな、初恋の人と結婚しています。

 

そして、だれも離婚しません。

 

初恋の人が、運命の人であり、それ以来、ずっと、その二人で、恋をしています。

 

一緒にいる時間が長くなるほど、二人の距離が縮まるので、他の人に惹かれることは無くなりました。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

ただ、今を幸せに生きています。

 

病気も無くなりました。

 

ストレスが無くなりました。

 

好きなことをすることが、他人を喜ばせることです。

 

好きなことをすることが、豊かな食事と、豊かに睡眠を与えてくれます。

 

だから、病気にならなくなりました。

 

疲れたときは、充分に、休みます。

 

やりたいことがある時に、やりたいことをやります。

 

それだけです。

 

頑張っている人はいません。

 

みんな、楽しんで、働いています。

 

それだけで、十分な食事も睡眠も得られています。

 

だから、病気もありません。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

学校も無くなりました。

 

子どもたちは、自由に遊び回っています。

 

音楽の好きな子どもたちは、音楽に夢中になっています。

 

科学が好きな子どもたちは、実験に夢中になっています。

 

生物が好きな子どもたちは、昆虫や生き物の観察に夢中になっています。

 

サッカーの好きな子どもたちは、サッカーに夢中になっています。

 

大人たちは、その姿に感動し、癒されます。

 

そして、感動した大人たちは、子どもたちに、パンや、ジュース、ハンバーグをご馳走してあげています。

 

子どもたちは、いろいろなお家に寝泊まりしています。

 

みんな、叔父さん。

みんな、叔母さん。

 

みんな、親戚です。

 

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

もう、誰も、傷ついている人はいません。

 

自分を傷つける人もいません。

 

他人を傷つける人もいません。

 

 

ひいおじいさん!

 

『もう、戦争は、終わりました。』

 

ありがとう!

 

ひいおじいさんをはじめ、みなさまの努力によって、

 

未来は、戦争のない時代になっています。

 

ありがとう!

 

心からの感謝をこめて。

 

ひ孫のタカシより。」

 

そんな不思議な手紙が、今日、届いた。