あなたは、すでに、ご両親を愛してきました。

 

ボクには、二人の娘がいます。

 

そして、いつも、娘たちに愛されています。

 

本人たちは、パパを愛しているなんて、これっぽっちも思っていないかもしれません。

 

それでも、ボクは、娘たちから愛をもらっています。

 

何故なら、娘たちが元気なだけでボクも元気になり、娘たちが安らかに寝ているだけでボクの心も安らかになり、娘たちが笑っただけでボクも笑顔になれるからです。

 

また、「一緒に遊ぼう!」と言ったりしては、ボクに愛情を教えようとしてくれます。

 

 

しかし、申し訳ないことに、ボクはそんな娘たちの愛になかなか気づけませんでした。

 

 

何が言いたいのかと言うと、あなたも、それほどまでにご両親を愛してきたと言うことです。

 

そのことを、少し考えてみてもらえたら嬉しいです。

 

 

もしかしたら、ご両親は、そのことに気付いていないかもしれません。

 

もしかしたら、ご両親は、そのことをすっかり忘れてしまっているかもしれません。

 

 

でも、あなたは、ご両親を愛してきました。

 

それは、あなたが、無意識にやったことなのかもしれません。

 

 

でも、あなたには、そういう過去と事実がある。

 

そのことは、覚えていてほしい。

 

そう思うのです。

 

 

心理カウンセリングページへ