心理カウンセリングとはお悩みを解消する心理療法

 

 

 

 

心理カウンセリングを簡単に言いますと、お悩みを解消する(もしくは、シアワセを感じていただく)ための心理療法 ということになると思います。

 

 

「心理カウンセリング」3つのポイント

 

 

1. 守秘義務がある

心理カウンセラーは、ご相談者様の話した内容を、ご相談者様の許可なく、(家族や身内も含む)他人に話すことはありません。

 

2. 来談者中心療法

来談者中心療法とは、心理カウンセラーの中に答えがあるのではなく、ご相談者様の中に答えがあるという前提で、対話を進めていく心理療法です。 つまり、ご相談者様ご自身が、ご自分で話しながら、ご自分が発した言葉の中に悩みや問題を解決するヒントが隠されているという考え方です。 なので、カウンセラーは、問題解決の方法をご相談者様に教えたりアドバイスしたりするのではなく、ご相談者様が、ご自身で悩みや問題を解決するプロセスに寄り添います。 分かりやすく言いますと、常にご相談者さまが主役・カウンセラーは脇役です。カウンセラーが主役・相談者様が脇役になることはありません。

 

3. 認知行動療法

悩みが解決した気分になるだけでは、悩みを解決したことにはなりません。 なので、悩みが解決した状態で、現実生活を営んでいただく必要があります。 そのため、心理カウンセラーとの対話の結果、ご相談者様の現実生活にどのような変化があったかを「観察・認知」していただく必要があります。 それが、認知行動療法です。 つまり「①カウンセラーとの対話」と、「②現実生活(でのあなたご自身の気持ちの状態や行動、人間関係、お金の流れ)の観察・認知」を繰り返すことで、徐々に悩みが解消された現実生活を過ごすことができるようになります。 なので、一回のカウンセリングで悩みが解消されるのではなく、「カウンセラーとの対話」「現実生活を観察して認知する」を丁寧に繰り返すことで、少しずつ、徐々に、悩まない状態、シアワセを感じられる状態が身についていきます。

 

 

※「悩み問題の解決・シアワセを感じられる状態」とは、「ネガティブな出来事が起こらない・ネガティブな感情を抱かなくなる」という意味ではありません。ネガティブな出来事やネガティブな感情に囚われてしまった時に、現実を受け止め、死を選ばず、前向きに生きていける精神を持てるようになるというような意味になります。例えるなら、冬が来た時に、冬の寒さに病んでしまうのではなくて、冬が来ても、暖かな春が来ることを信じて、冬の寒さを乗り越えていけるようになることに似ています。

一人で悩まず、ご相談ください。
心理カウンセラーは、守秘義務を守ります。
あなたに合ったご利用方法

 

 

・絶望・自殺願望

生きることに疲れた。誰にも会いたくない。死にたい。何もしたくない。無気力。希望がない。

 


 

・感情を制御できない 

感情的になり、相手を傷つけてしまう。責めてしまう。感情をコントロールできない。気持ちが落ち着かない。

 


 

・生きづらい

自分はHSP?発達障害?適応障害?ADHD?インディゴチルドレン?のような気がする。

 


 

・不倫・浮気の悩み

不倫。浮気。誘惑してしまう。スリリングな恋愛に惹かれる。好かれると冷めてしまう。

 

 


 

・薬を使わない療法 

精神科や心療内科での薬や治療法が合わない。クスリを使わない心理療法を試したい。もっと話を聞いてもらいたい。

 


 

・依存症・依存癖

アルコール・過食・恋愛・SNS・買い物・ギャンブル・風俗等が止められない。

 


 

・夫婦関係の悩み 

離婚。別居。夫婦喧嘩。愛情が冷めた。一緒にいたくない。体の相性が合わない。

 


 

・親子関係の悩み 

インナーチャイルドが癒やされていない。親が憎い。親を許せない。精神的・経済的に親から自立できていない。

 


 

・仕事の悩み 

仕事に行きたくない。仕事が辛くストレスを感じる。体調を崩しがち。職場の人間関係がつらい。

 


 

・暴力・いじめ・対人恐怖

暴力を受けている。いじめを受けている。人に恐怖や不安を感じる。自然なコミュニケーションができない。

 

 


 

・ねたみ・破壊衝動

 人の不幸を喜んでしまう。ねたみ。嫉妬。世界が壊れること滅びることを望んでしまう。

 


 

・人間関係

人付き合いが苦手。人といるとストレス。人目が気になる。断れない。気を遣い疲れる。