罪悪感(自己否定感)を自己肯定感に変容させる

  

 

 

自己否定感とは、罪悪感と深く関係しています。

 

罪悪感は、私たちの心の奥深くに、潜在的に存在しています。

 

その罪悪感は、自分を否定します。

 

「自分は、悪い人間だ。」

 

「自分は、価値のない人間だ。」

 

「自分は、ダメだ。」

 

「自分なんか死んだ方が良い。」

 

など。

 

罪悪感は、継続的に、私たちに、自己否定感を植え続けています。

 

自己否定感があると、自信がなくなったり、人目が気になったりもします。

 

しかし、そんな自己否定感をいくら消し去ろうとしても、自己否定感は消えないようです。

 

自己肯定感を強くしなければならないようです。

 

自己肯定感は、人から教わったり、何かのメソッドで努力して養われるものではなく、

 

ただ、「自己肯定感がある」ことに「気付く」ことで、芽生え、育まれるもののようです。