ヘルニアの話

 

 

 

「ヘルニアで腰痛持ち」というお客様は、やはり、多いです。

 

そして、「ヘルニアになってしまったから、もう治らない。」と思っているかたも多いです。

 

私も、10年ほど前に、頚椎(首の)ヘルニアと、整形外科で診断されました。

 

でも、今は、痛みも無くなり、ほぼ治っています。

 

では、原因は何かということになる訳ですが…。

 

まず、ヘルニアとは、背ぼねの一部が「出っ張っている」という意味です。

 

スマホのゲームアプリで、積みネコというのをご存知でしょうか?

 

親ガメの上に子ガメが乗って…みたいな感じで、ニャーニャーと鳴く、大小さまざまなネコを上へ上へと、積み上げていくゲームですが、少しずれるとユラユラ揺れて、ビルが倒れるようにして崩れてしまいます。

 

それ以外にも、ジェンガとか、積み木とか、バランスを保ちながら、何かを上へ上へと積んでいくゲームって色々あると思います。

 

例えば、積み木ですが、

 

積み木を、一つずつ上に積んでいくと、少しずつ、右とか、左とか、手前とか、奥とかに、ズレます。

 

そのまま、上に積んでいくと、積み木がくずれてしまうので、途中でズレに気づくと、重心軸を保つために、ズレている方向と反対の方向に、積み木を積まなければなりません。

 

言うなれば、それが、ヘルニアの状態です。

 

ヘルニアとは、出っ張りという意味ではあるのですが、ズレに途中で気づいて、重心やバランスを保つために、歪んでいる状態とも言えます。

 

では、「どうすれば、その歪みを直せるのか?」ということなんですが、

 

ヘルニアの原因は、「運動不足」ではない。

 

と、私は、思っています。

 

確かに運動は大切ですが、運動してヘルニアになる人も、たくさんいらっしゃいます。

 

私は、「重心が不安定になっている。」結果、ヘルニアになっている。

 

だから、「骨盤を中心とする柔軟性の回復」が、ヘルニアの解決につながると考えております。

 

時間はかかるかも知れないのですが、「骨盤底、下丹田を意識する。」ところから始めていただければ、徐々にカラダの歪みや、ヘルニアも改善されていくと考えております。

 

私自身、そうでしたので。

 

お時間に余裕がある時には、マッサージとヨガを組み合わせご利用いただければ、より効果的かと思います。