幸せの方程式(1)

【 プロローグ 】

 

はじめに、質問です。

 

あなたは、小学校の修学旅行で、どこへ行きましたか?

 

もしかして、ディズニーランドでしょうか?

 

違います?

 

僕は、修学旅行で、広島へ行きました。

 

平和記念公園の原爆ドーム。

 

被爆して傷だらけになった人たちの人形。

 

原爆投下後、廃墟と化した街の写真。

 

全身に火傷を負い、病院で手当てを受ける人たちのフィルム映像など。

 

僕たちは、修学旅行で、戦争の悲惨さや恐ろしさを学びました。


 

 

 

そして、お土産はもちろん、

 

「もみじまんじゅう!」

 

と言っても、ピンと来ないかも知れないのですが、

 

当時は、「もみじまんじゅう!」がとっても流行っていました。

 

「がばい婆ちゃん」で有名な島田洋七さんのギャグです。

 

ご存知ないかもしれないですね。(笑)

 

 

 

そして、修学旅行に欠かせないものと言えば?

 

やっぱり、記念(集合)写真ですよね。

 

そこで、もう一つだけ質問です。

 

 

 

あなたは、記念写真を撮影する時、どんな掛け声を掛けましたか?

 

「ハイ!チーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

「ハイ!ポーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

僕たちは、「1足す1は?」「に~!」と言って、記念写真を撮りました。

 

ピースサインをしたり、ヘン顔をしたりしながら…。

 

 

 

実は、ここからが本題なんですが、

 

その「1+1は、に〜!」って言うのは、僕にとっても、あなたにとっても、あなたの隣の人にとっても当てはまる公式。

 

例えば、右腕と左腕があれば、腕は2本。

 

右目と左目があれば、目は2つ。

 

つまり、「1+1は、に〜!」は、僕にも当てはまり、あなたにも当てはまり、そして、全世界の誰にでも当てはまる共通の方程式(公式)です。

 

 

 

最後に、

 

もしかしたら、もしかして、なんですが…。

 

全世界の誰にでも当てはまるような、「幸せの方程式」があるとしたら、世界はどうなるでしょうか?

 

 つまり、「全世界の誰もが、この方程式を使えば幸せになれる。」という公式があるとしたら、世界はどうなるでしょうか?

 

僕は、広島の平和記念公園で原爆ドームを見た時から、そんな「幸せの方程式」を探し始めました。

 

 

 

つづく