幸せの方程式(11)

【 潜在意識① アンミツ(餡蜜) 】




僕は公園の白いベンチに腰掛けている。

 

周りには、二階建ての戸建て住宅が端正に並んでいるが、ひと気はなく静かだ。

 

公園の中の、ブランコにも、ジャングルジムにも、砂場にも、子どもはいない。

 

もちろん、大人も。

 

ふと、右側に目を落とすと、「マンデー」というA4サイズの薄っぺらい雑誌がベンチの上に置いてある。

 

表紙には、ストレートパーマをあてたような黒のロングヘア、30歳代半ばの色白な女性が、ブルージーンズの半ズボンに、白のティーシャツ、ヒールのある真っ赤なサンダルという軽装でこちらを見つめている。

 

週刊少年雑誌のグラビアアイドルとは、少し雰囲気が違う、何となく違和感を感じさせる女性だ。

 

僕には、半ズボン、ティーシャツ、赤のサンダルがこの女性には似合わないように見えた。

 

何気なく1ページ目を開くと、西洋風ホテルのスイートルームのような高級感漂うクリーム色の部屋で、真っ白いレースカーテンの装飾されている高さ2メートル幅3メートルくらいの大きな窓ガラスに向かい、

 

ロングヘアで真っ赤なサンダルを履いた女性が、全裸姿で、窓の外に向かってまっすぐに立ち、右手を軽く持ち上げ白のレースカーテンを5本の指で軽くつまみ、顔を左側に精一杯回旋させて、僕の左側約2メートルくらいのところに視線を投げかけている。

 

「確か、この人は、アンミツとかって言うセクシー女優じゃなかったっけ?」と自分の記憶を思い出そうと思った時、一人の人が公園に入って来た。

 

その人が入ってきた入り口は、僕の場所からは、一番遠い入り口だったので、「僕が雑誌を見ていたことは分からないだろう。」と内心ホッとしながら、僕は薄っぺらな写真雑誌を閉じ、ベンチの右側へ戻そうとした。

 

が、体が動かない。

 

金縛りにあってしまったのだろうか。

 

僕は、ロダン作の銅像「考える人」のように固まってしまっている。

 

 

つづく