幸せの方程式(14)

【 潜在意識④ あちらの世界 】



僕が正気に戻るのを待ち、シャンカールは低く落ち着いた声で、話を再開した。もう、シャンカールの表情に、ニヤニヤはない。


「しかしねえ、彼女も孤独なのだよ。」


「えっ?」と言って、顔を持ち上げた僕はアンミツの行った先を目で追った。


もう、彼女が通り過ぎて、3分以上が経過している。それなのに、彼女はまだ公園の中をウロウロ歩いていた。しかも、よく見ると、やけにやせ細っている。


「前から見た彼女と、後ろから見た彼女がこんなに違うものなのだろうか?」


彼女は向こうのベンチに行って、例の写真雑誌をベンチの上に置き、また、こちらに向かって歩いて来ている。ただ、先ほどのアンミツとは違い、歩く力が弱々しい。


「彼女は、何をやっているんですか?」


「仕事だ。


ユウは、彼女に気付いて、写真雑誌を元に戻そうとしたが、あの雑誌を欲しがる男もいるんだよ。


そういう男からお金をもらって、毎日、毎日、彼女は稼いでいる。


来る日も、来る日も。

 

実は、彼女は、こちらの世界に来る前に孤独を選んでしまったのだよ。


彼女のご主人は、某ベンチャー会社の社長。


美しい彼女は、ご主人から愛されていた。


しかし、或る日、突然ベンチャー会社が倒産。


ご主人はタクシードライバーとして、最低限の生計を立てた。


ところが、彼女は、その最低限の生活に満足できなかった。


ご主人は、精一杯頑張っていたというのに…。


彼女は、そのうち、40歳も年上の大金持ちの男性と付き合い始め、ご主人とは離婚。大金持ちとの短い結婚生活の後、莫大な遺産を相続し、ゆとりのある生活を送った。彼女にとって、それは、玉の輿に乗ることに成功した幸せな(?)人生だった。


しかし、彼女の人生は、お金との結婚そのものだった。


もし、彼女がご主人と苦労を分かち合っていたなら、こちらの世界に来ても、ご主人と仲良く、笑いながら暮らすことができたのだが、彼女にとって、セレブな生活を失い、他人から蔑(さげす)まれることは、何よりも恐ろしいことだった。


その結果が、あれだ。彼女は、あちらの世界では裕福で幸せそうだったが、こちらの世界では、こうだ。彼女は、これからも、孤独に働き続ける。」


「でも、女性って、男性に経済力を求めるし、経済力が結婚の第一条件になるのは、普通なんじゃないんですか?」


僕は、尋ねた。


「確かにそうだ。お金が無くなることに、とてつもない恐怖を感じるのが人間というものだ。だから、経済力のある男性を求める。それが悪いことだとは言わない。しかし、愛情よりお金を優先してしまうと…。」


と言い、シャンカールは視線を遠くに移した。


また、別の人物が公園の中に入って来る。


「お酒を呑んで酔っ払っているのだろうか?」


太陽に照らされて地面に映し出された黒い影法師(かげぼうし)のようなその人物は、今にもバランスを崩しそうになりながら、右へ、左へ、前へ、後ろへ、ヨロヨロと、膝(ひざ)を90度くらいに曲げて千鳥足で歩いている。




つづく