幸せの方程式(19)

【潜在意識⑨ 自分から不幸を選んでいる】  


 

「そして、ユウは、寝ている時、自分で作った夢を自分で見ている。


目覚めている時、自分で作った現実を自分で見ている。」


と語るシャンカールに、僕は、こちらの世界で初めて質問した。


「寝ている時、自分で作った夢を自分で見ているというシャンカールさんの話には、『確かにそうかもしれない。』って思えるんですけど、


目覚めている時、自分で作った現実を、自分で見ているという話は、どうも、理解できないです。


確かに、眠っている時の僕も、目覚めている時の僕も、同じ僕なんですけど…。


『現実というものは、僕にはどうにもならない現実として、現に存在している。』という風にしか考えられないですよ。


たとえ、もし仮に、シャンカールさんが言うように、自分で現実を作っているのだとしたら、僕はこんなに苦しく辛い現実は作らない。

もし、自分で自分の現実を作れるなら、もっと、安定して楽しい現実を作ると思うんです。」


「そう言うと思っていたよ。

ここに来る人の8割は、ユウと同じことを言う。

だから、ユウが、『自分で現実を作っているのなら、こんなに苦しく辛い現実は作らない。』と言うのも仕方ない。


しかし、では、なぜ、さっきの医者は、自分から、不幸な人生を選んだんだと思うかね?


彼は、なぜ、自分から、体の弱い人間に生まれ、不幸な人生を生きることを決心したのだと思うかね?」


「『彼が自分から不幸を選んだのは何故か?』ですか?」


「そうだ。彼は、不幸な人生を選んだじゃないか。」


「確かに彼は不幸な人生を選んだのかもしれないですが…。」


シャンカールの話を理解するのは簡単でない…。




つづく