幸せの方程式(25)

【+-ゼロ=無=光 ⑤ 火花と炎】  


 

「では最後に、ワクワクとシンクロニシティの実験をしよう。」と言って、シャンカールが小さな二つの石を僕の目の前に置いた。


「火打ち石だ。叩いてみなさい。」


僕は「カチッ、カチッ。」と石と石とを叩いてみた。


「ほら、火花が散っただろ?」


「えっ?分からないですよ。」


「ユウは無になっていないから火花が見えない。けれど、無になれば火花が見えるようになる。」とシャンカールが言うと、急に辺りが暗くなり始めた。


夕立ちだろうか?スコールだろうか?バケツをひっくり返したような雨がザーザーと大きな音を立てて降り始めた。部屋は停電したかのように暗い。


「もう一度、やってみなさい。」


「カチッ、カチッ。」


確かに火花が出ている。


「二つの物質が一つになった時、ユウは無になる。その時、同時にユウは、火花のような『ワクワク』を感じるようになる。


では、この紙を石と石の間に挟んでもう一度やってみなさい。」


シャンカールは、油のようなものがついた少し粘着質のある紙を僕に手渡した。


僕は、その紙を石と石との間に挟んで、もう一度、火打石を鳴らした。


「カチッ、カチッ。」


すると「ボワッ!」と紙が燃えた。


「火花が『ワクワク』で、紙は現実、炎は『シンクロニシティ』だ。


つまり、もし、ユウがワクワクしていると、『ワクワクにまつわる奇蹟的で偶然とは思えない運命的な出逢い』すなわちシンクロ二シティを、現実の中で体験するようになる。


シンクロニシティに出逢った時、ユウはジェットコースターに乗る時のようなちょっと怖い胸のドキドキ感を体験する、しかし、人間は運命的な出逢いを感じワクワクしていると、怖くてもその運命に乗らずにいられなくなる。 


別の表現をするなら、ユウがワクワクしてシンクロニシティを感じ、動かずにいられなくなるということは、ユウは頑張ってやる気を起こしたり、努力したりする必要はないということ。すなわち、『ただ』炎が紙に着火した時のドキドキ感を楽しめばいいということだ。


その時ユウは、

ただ、幸せを感じ、

ただ、美しさに感動し、

ただ、気持ち良い、と言うだろう。


ユウの国では、無料のことを『ただ』というだろう?」


「はい。」


「まさに、そのただ(無料)で幸せを感じることが、ユウが手に入れたいと言っていた本当の幸せだ。


つまり、無×ワクワク×シンクロニシティによる本当の幸せとは、無料(ただ)でもらえる幸せであり、無償、無条件、無限の愛による幸せだ。」



「無から来る本当の幸せは、無料、無償、無条件、無限の幸せ…???


インド人のオヤジも、オヤジギャグが好きということなのだろうか…???」


と僕は心の中で思った。





つづく