幸せの方程式(26)

【 +-ゼロ=無=光 ⑥ 再会】  


 

僕は公園の白いベンチに腰掛けている。

周りには、二階建ての戸建て住宅が端正に並んでいるが、ひと気はなく静かだ。


また、アンミツが高速で近寄ってきた。かと思うと、いきなり僕に向かって怒りを露わにした。


「ねえ、あんた!

さっき、ここで本読んでたでしょ!

何であなたはそんなことやったのよ。

私はあなたを絶対に許さないからね。

あなたは最低。

あなたは人間失格。

私はもう二度とあなたを愛さない。

私はもう二度とあなたを信じない。

私があなたを憎もうと罵(のの)しろうと、私を批判できる人間なんて誰もいないわ。

私の怒りは正義の怒りよ!

私の恨みは正義の恨みよ!」


「アンミツは、何を言ってるんだ?」


僕は、一瞬、腹が立った。「今度は何だよ!」と言いたくなったが、その時、シャンカールの言葉が思い出された。


「全てを食べてしまいなさい。すべて、吞みこんでしまいなさい。」


僕は「今度は何だよ!」と言うのを止めて、アンミツの話に真正面から向き合った。


「私はあなたを絶対に許さない。あなたは最低。あなたは人間失格。私の怒りは正義の怒りよ!私の恨みは正義の恨みよ!」と繰り返すアンミツの言葉をそのまま受け容れ、すべてを呑み込んだ。


すると、僕の口から自分の言葉と思えない意外な言葉が漏れ出てきた。


「確かに君の言う通りだ。

言ってくれてありがとう。

僕は女性の気持ちを考えてもみなかったよ。

僕は自分の欲望で女性を見てしまった。

確かに君の言う通りだ。

見られている君の気持ちを考えてもみなかったよ。

君の言うことを聞いた方が僕は幸せになれるね。

君の助言がこれからの僕の人生にとって、素晴らしい助言になることを確信しているよ。

言ってくれてありがとう。」


するとアンミツは、タバコの煙のような白い物体に変化し、上流から冷たい水で流されて来た真っ白い流しそうめんのようになって、僕の口と喉をスルッと通り胃袋の中に入って行った。僕のお腹が少し冷たくなった。


目の前にいたアンミツはもういない。何だか寂しく感じる。


そして、あちらの世界でのアンミツの人生に思いを馳せた。


「子どもの頃のアンミツ、小学生のアンミツ、中学生のアンミツ、高校生のアンミツ、大人のアンミツ。

彼女は、あちらの世界で裕福さを求め、ご主人と離婚した。

それが正しい選択だったかどうか、僕には分からない。

確かに彼女は、孤独を選んでしまったのかもしれない。

だが、彼女も幼い時は可愛い女の子だったのだろうし、彼女も彼女なりに色々努力して生きてきたはずだ。

彼女も辛く苦しい人生を彼女なりに一生懸命生きてきたに違いない。

アンミツは、悪いヤツじゃない。

きっとアンミツは良いヤツだ。

もし、また、いつか出逢えたら、ゆっくりと楽しく会話できますように…。」


と、僕はアンミツの平安と幸せを祈った。


すると、赤色に小さく光る流れ星が一つ、僕の右後方から前方に向かって、キラッと流れた。




つづく