幸せの方程式(32)

【 インディア ④ ガンジス 】

 

 

「あとは、僕の自由ということか。」


シャンカールの「やるかやらないかは、ユウが決めることだ。誰もユウを助けられない。誰もユウに干渉できない。ユウは完全に自由だ。同時に、ユウは全責任を負う。」という言葉が思い出される。


僕は、外に出て、ガンジス川へ向かった。


3年ぶりに再会したガンジスは、相も変わらず、大量の水をゆったり静かに淡々と流し続けている。


夜も昼も。


冬も夏も。


ガンジス川下流には、神様の化身とされるウシ・サルの糞尿や人間の死体などが流れて来るが、こちらの上流には、ただ美しく透明に澄んだ水だけが静かに淡々と流れている。


夜も昼も。


冬も夏も。



「人はヒマラヤで生まれガンジス川に流されて、この世にやって来る。そして、この世の営みを終えると、またガンジスに戻って海へ流れて逝く。」と、インドの人たちは信じている。


訪れし命に歓喜を味わい。


去り逝く命に哀しみを味わう。


喜びと悲しみが同居しているのが、生命であり、人生だ。


死の悲しみが無い生もなく、


誕生の喜びの無い死もない。


人生もガンジスと同じ。


命を逝き来させ、喜びと哀しみを逝き来させるのが人生であり、その流れに乗ることが生きるということ。


喜びがあれば、哀しみがあり、

昼があれば、夜があり、

夏があれば、冬があり、

不幸があれば、幸せがある。


そして、異質なものが、一つになると、新しい光が生まれる。


ただ、それだけのこと…。


 

つづく