幸せの方程式(34)

【 インディア ⑥ お別れ 】

 

僕は、シャンカールのヨガ道場に戻り、帰りの身支度を整えた。

 

シャンカールは、にこやかな表情で道場の外まで、僕を見送ってくれた。

 

シャンカールは、僕の逝き先をガンジスから日本へと切り替えた。

 

僕を出迎えた時の無表情なシャンカールは、もう、そこにはいない。

 

手を千手観音像のように振り回し、「アチョチョチョチョチョー!」と高音の声を出しておどけ、優しく手を振って僕を送り出してくれた。

 

僕は100メートル進み、ゆっくり回れ右をして両手のひらを胸の前で合わせ、深く長くお辞儀した。

 

精一杯の感謝の気持ちを込めて。

 

 

 

「ナマステ

(あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」

 

 

 

100メートル先の彼も、両手を胸の前で合わせている。

「ナマステ

(あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」 

 

 

 

つづく