幸せの方程式(9)

【 生=死② 夜の夢 】


 

「ユウは、夜、寝ている時に、夢を見たことがあるだろ?」


「その夢は、誰が作ったのかね?」


「ミーが作った夢を、ユウが見たわけではないことくらいは分かるね。」


「では、ユウのマミーが作った夢を、ユウが見たのかね?」


「それとも、ユウのパピーが作った夢を、ユウが見たというのかね?」


「ユウは、なぜ、こんな基本的な質問に、すぐに自信を持って、答えられないのだろうか?」


「だから、『ユウは学校に行ったのか?ユウは学校で何を勉強したんだ?』と、さっき聞いたのだよ。」



シャンカールは、無表情なまま、ゆっくりと、静かに、僕の心との対話を続ける。



「ユウは、『自分が作った夢を自分で見ている』という基本的な事実すら、学校で教わらなかったというのだね。」


「日本という国は、いったい何を教育しているのだろうかねえ…。」



シャンカールは、しばらく、口を閉ざした。


もちろん、僕も、口を開けない。


何も、心に思い浮かばないからだ。



45秒間の沈黙を破り、シャンカールは、ため息をつくようにフーッと息を吐いてから、また、静かに僕の心との対話を再開した。


相変わらず、無表情のままだ。

 


「寝ている時のユウと、目覚めている時のユウとは、別人なのかね?」


「寝ている時のユウと、目覚めている時のユウは別人でなく、同じ人物なのだとしたら、


目覚めている時のユウも、寝ている時のユウと同様、


『自分で作った現実を、自分で見ている』という真実に、


ユウは、ナゼ気づけないのだ?」




つづく